免許合宿の費用の抑え方

免許合宿の費用がリーズナブルだと言っても、必ずすべての免許合宿が通学型に比べて費用が抑えられるとは限りません。免許合宿もシーズンによって価格が異なります。免許合宿に参加する人の多くは大学生であるため、長期休暇に合宿に参加したいと思うものです。そのため、参加者が集中する夏休みや冬休みは自ずと合宿費用が値上がりします。ただし、冬休みは雪国のような寒い地域であれば人気が集まらないのでリーズナブルなことも多いです。

また、宿泊するプランについても価格の差があるので注意が必要です。リーズナブルな宿泊パターンとしては古い宿泊施設であったり大部屋に宿泊することになります。また、場合によってはコテージになっていて食事も自分で用意するというプランを選べば食費も抑えられるので合宿費用はさらに抑えられます。それに反して、個室であったりWi-Fiが整っていたり、パソコンが完備されていたりという施設が充実した新しいタイプの宿泊施設はプラス料金が必要となり費用がかさみますし、免許合宿に観光が複数ついていたり、合宿が終了後も延泊して観光ができるプランであったりすれば費用が値上がりします。また、万が一試験を受けて不合格となり追試となったり追加教習が必要となった時のために、あらかじめ数回分の教習が追加されている補償サービスに加入すれば合宿費用が値上がりすることもあります。